本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
『地球へ』かく語りき 地球の緑の丘
2007-10-01-Mon  CATEGORY: 小説・映画・漫画などなどの感想文ー
 『地球へ』最終回感想です。
 いつもとちょっと違ったテンションでお送りします。
 相変わらずネタばれしてますが。




 昇華、とでも言えばいいのか。
 人は遺された存在があったほうが、その悲みを受け止められるのだなと。

 その点、アニメの終わりはとても私の好きな終焉を迎えてくれました。
 ただ悲劇ではない、続き継がれていく話と言う点が一番嬉しかったです。

 同じ土ロクの『BLOOD+』の最終回は、どう転ぶかが本当に読めなくて、見終わった後はジェットコースターを乗り終えたような興奮の余韻と気だるさがあったのですが。
 今回は原作が未読ながらも結末を知っていたために、そこまでドキドキ感はありませんでした。
 正直心のどこかで、生き残りハッピーエンドを望む気持ちもあったのですが、もし本当にそれが叶っていたとしたら、安易な安っぽい大衆向けのストーリーと化してしまうという恐れもありました。いつぞやに見たハリウッド版「フランダースの犬」のように…あれは酷かった。

 悲劇は悲劇だからこそ感動できるのであって、物語を尊重すればこそ変えられないのだと。ハッピ-エンドは二次やパロディとしか、許されないんだなと。
 あ、あの!二次で「皆助かった幸せ版」を書いてくださっている方を否定しているのでは、ありませんので!?むしろ大好きでなんですよ!ハッピーエンド話!
 ただ公式を名乗るのであれば、それはやっぱダメなんだなぁと思うだけなのです。「もしも…」の世界でしか、悲劇は幸せになれない存在なのかもしれません。
 悲劇でこそ成り立つ物語も、あると思うので。

 泣きじゃくるトォニィの髪を、こう優しく撫でているジョミーの手が、愛おしい。こう、何度も何度もあのふわふわの髪をあやすように、なぐさめるように撫でているんですよ。
 子ども扱いしたかったんだろうなぁジョミーも。

 なんとなくあの後、最後の対話のシーンで「妙に子どもっぽかったが、いくつなんだあいつは」とキースが訊き、ジョミーが「三歳だ。前にナスカで会わせたあの子だよ」と応えられ、色んな意味でぎょっとするキ-ス、というやり取りが頭を掠めていきました。
 二次かける才能がほしい…

 キースは理論でミュウの根絶を宣言したけれど、本心ではミュウとの共生を選んだのではないか、そう思います。もしくはジョミーに殺されたかったのか。
 共存を選ぶよりも、種として下等に立つぐらいならいっそ人間に死を、と願って。
 死の間際になっても「あらゆる物を破壊してきた人類だ。このまま手がつけられなくならなければ良いが」と呟いてたように、やっぱり彼は人間の欲深いことが信じきれずにいる。
 けれど信じたいと思った。だから機械に反旗を翻した。ミュウを、人間を、「最後には希望が残った」と言うジョミーの言葉を。

 マードック大佐は一番人間らしい人だったと思います。
 強欲で、嫉妬深くて、感情を忘れないのある意味弱い意思。だけどそれがメギドを止めた力。
 「ひよっこども」とセルジュとトォニィを纏めて呼んだのが、嬉しかった。

 長老達の行動は、すごくかっこよかったです。未来を、繋ぐ諸行です。あの子達は未来そのもの。

 ソルジャー服のトォニィと想い出の品々。あれって反則ですよ…
 ちっさいトォニィの絵にユウイとカリナと、大好きなグランパのジョミーと、さり気にブルーがいたのがすごくあったかくて嬉しい。


 伝える力、思いを、願いを、想い出を。
 「命がつむがれていくのがわかった」と。言える子を育てたジョミーに、ありがとうを。
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
トラックバック環境用語 2007-10-04-Thu 13:16
共生共生(きょうせい・Symbiosis、元の用字は共棲)とは、複数種の生物が相互関係を持ちながら同所的に生活する現象を指す。一般的には相互に利益を与えあう相利共生が有名で、日常語として共生という場合はこれを指すことが多い。転じて、経済学上の異業種業務提携等もこ  [続きを読む]
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。