本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
地球へ・・・かく語りき 「地球へ」 
2007-09-18-Tue  CATEGORY: 小説・映画・漫画などなどの感想文ー
いつもの感想で(略)
あとセリフは思い出しつつ打っているので一語一句正しくはありません。ご了承を。



・慟哭するトォニィ

 返り血を洗い流すためかシャワーを浴びながら泣くトォニィ。前回から泣き続けてます。…なぜこのアニメは肌見せが多いのか突っ込んで良いですか?
 この後と「ジョミー、何て強い意志」と呟くのが、幾話か前の「ジョミーの力強い声」とちがって憔悴した様子で。その口調にだいぶ成長したように感じました、彼。
 原作で「トォニィは人間として欠落している部分がある」と言うリオのセリフがあったのようですが、前半の彼は怖いくらい純粋な人でした。とにかくグランパが大好きで大切で大好きで。認めて欲しくて、かまって欲しくて、その為には何でもやれて。仲間がいるのはあたり前で、自分についてきてくれるのも普通なことだと。アルテメシアでのジョミーの言葉にもものすごくのりのりで賛同して「聞け、人間共」とか言えた。
 けれどアルテラを始めとするナスカの子を喪い、その怒りから発した行動で同胞殺しを犯してしまった。
 そんな心身ともにぼろぼろになりながら聞いた、それでも進むというジョミーの言葉。以前はただ賞賛と憧れで聞いた言葉は、今度は心に重く響く言葉として聞こえた。だからこそ、ぽつりと零すような、囁くような口調になったのではないでしょうか。
 自力ではもう進めない自分と比べ、届かぬ高みにいるようなその言葉を。


・キース独白

「今、強制のタガが外れれば、人類は宇宙規模に広がった悪性のガン細胞と化す」
「私は人の理性が生み出した最後の砦…。現SD体制を守り抜かねばならない」
 だからどんな非道も行えた。“理性”には感情も情けも無いのだから。
 ダメだやっぱりキースは好きになれません、夜球。
 こう自分の行動を正義に当てはめて正当化し、開き直るのって一番嫌なんですよ。某巨大国家のように。どうせなら悪行は悪行として開きなおりゃあいいものの。
 唯一の救いはキースは非道をしている自覚があるっぽい所ですかね。だから彼はカナリアにも微笑めなかったのだろう。


・荒廃した蒼い星
 求め、焦がれ、願い、夢見た、青玉の星は…黒く、淀み、汚れ、汚されていた。
 荒れ果てた地球をみて、叫ぶジョミーが切ない。月の影から姿を現した赤茶けた星を見て手を握り締め、絶叫する。
「何だ、何だあの星は、あれが僕たちの約束の地なのか!ブルーが命がけで焦がれたテラなのか!蒼く美しい星はどこにある」
 涙する長老達も。ゼルの言葉が重いです。
「わしらはこんなもののために、犠牲を払ってきたのか」
 自身に重く刺さる言葉です。こんな地球に、しつつあるのですから。


・一般市民
 
 こんな時までお篭りですか?!と突っ込みを通り過ぎて、呆れた。ここまで愚かでいたくない。いたくないよ。


・キースとフィシス

 何故指導者が前線に出るのかと言う疑問に「大切な人たちを、子ども達を守るため」と答えるフィシス。組織のために生きるのではないと言う言葉は、組織のために存在すら造られたキースにはどう響いたのでしょうか。
「遺せる物は知恵と想い、そしてわずかな希望。そして次の世代は先人の思いを指標にして前に進むのです」
 真理だな、と思います。


・トォニィの叫び

「地球のためだか人間のためだか知らないが、あんたがこれ以上くだらないことに命をかけるのは我慢できない」
 トォニィ、初の反抗です。
 これまではどれだけ仲間がジョミーに反抗しようとなだめ続けた彼ですが、とうとう「やめてくれ」と言います。やっぱ成長したな。
 これまでずっとトォニィにとってジョミーは絶対的な存在だった。行動のすべては正しく、信じれる物だった。
 けれど衝撃な出来事を経てやっと自分の意思を持って、ジョミーの行動を鑑みられる様になった。ジョミーがかなりの部分で誰かのために行動しているのがわかってきた。だからこその言葉。
 そしてジョミーはミュウだけでなく、地球や人間のことすらも視野に入れているからこそ、SD 体制を壊そうとしている、彼はそれを感じ取ったからこそこの言葉になったのでしょう。


・カナリアに微笑むジョミー

 ここで微笑むことが出来るのがジョミーであり、そんな長を持つミュウはやっぱり人間になしえない事ができる種族なんだと思います。
 だってキース、顔の筋肉凝り固まってましたよ。
 そして純粋な子ども達が、何も知らない無垢さが、ぐっと来ました。

 そしてエンディングからマツカが姿消していたのが、なんとも言えず。細かいですが、巧い。
 キースって本当に孤独な存在だなーと。ジョミー側にはあんなに人がいるのに。



 次回は決闘ですか?!剣戟?!地球へ…で??!SFデスヨネ?
 まず思ったのは「少女革命ウテナ」だった自分。誰が薔薇の乙女だろう…地球かな?それでジョミーとキースが薔薇の刻印をもつデュエリストとか。
 すみません、とばし過ぎました。

 予告で最後にジョミーの声が聞けなかったのは残念ですが、キースのセリフも意味深です。「潰すなら体ごと潰せ」って。
 これってジョミーに向けてなんだろうか…大穴でマザーであってくれ。
 何かレティシア嬢も出るみたいですねー 両親との再会はいい加減無理ですが(たぶん)ちらっとでも写ってくれると嬉しいです、オールキャラ。

 また夏休みラストから騒ぎレポートや、中国旅話とかも上げていくのでよろしくお願いします。たぶん(エ)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。