本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
地球へかく語りき 「暮れる命」
2007-09-09-Sun  CATEGORY: 小説・映画・漫画などなどの感想文ー
いつもの感想です。毎度なんで後は略



・トオニィの回想

 彼女の喪失をひしひしと感じさせ、痛々しくて悲しかったです。トォニィは喪ってから初めて、彼女への想いを自覚したんじゃないかと。そうは思うものの、そうだとしたらやり切れないし悲しい。
 けどいちファンとしては、前回の使い回しのみというのがすごく悲しいのですがッ だって残り話数考えたら一コマ一コマが貴重で!ナスカ時代の新しい画像とか入れて欲しかったですよ!!


・地球への進軍
 
 レインに話しかけるリオが、何かこう、うん。そこまで追いつめられれてるんですか彼はって感じで(どんなん)追い詰められているんでしょうけど。
 けれどソルジャーシンならあの決断以外、出せるはずが無くて。
 でもジョミーとしては老子の反対が嬉しかったのではないでしょうか?…というよりああいう風に老子が言ってくるのは、予想していたのではないかな。
 立場上、それを選ぶことはできなくても。親も同胞も、殺したいはずなんか無い。


・特攻したトォニィより機械の心配、おヤエさん

 素敵です。素敵すぎます。ニナの突っ込みといい、もうスターシステムキャラの使い方が好きですねー
 前半のニナと瑠璃のやり取りも好きでした。こういう、中心人物で無いキャラにスポット当てる感じが、たまらなく好きです。


・潜入するトォニィ

 変装姿にときめきました♪こう、帽子の中に髪とか隠した感じが好きで!取るとバサっと落ちる感じも好きで!!夜球は長髪スキーです
 けど何よりも一番の驚きはあれでしょう
 「ナスカは僕の故郷だった」の後のあのセリフ「ブルーも、優しいヒトだった」トォニィがブルーを褒めたぁ?!
 あああああああり得んくないですか?原作とか原作とか二次とかじゃ!?蛇蝎のごとく忌み嫌ってるイーメジしかないですよ?!
 
 でも本当にトォニィってジョミーがすきなんだなぁと。キャプテンとのやり取り見てても、どんだけ一途なのかと。


・のりのりな老子

 笑いました。
 「キャプテン・ゼル、只今参上!!」とか。時代劇ですか老子、ねぇ?!と。そしてすぐに収容所落とされて「間に合わんかったかぁッ」
 結局ナスカっ子に援けてもらって事なきを得ましたが。緊迫感のなかの貴重な和みでした。
 あとスウェナのお仲間の赤ら顔のおっさんが「ミュウもなかなかやるじゃねぇか」と言ってくれたのは、素直に嬉しかったです。


・マツカの死

 母を、想い人を、大好きな人の笑顔を奪った宿敵を、玩び痛めつけるトォニィ。そんなことしてるときっと邪魔が入るからちゃちゃと絞めてしまえと呟いたのは内緒
 その後のマツカの乱入。応戦、そして死。
 トォニィにとって禁忌を憶える殺害は、これが初めてだったのでしょう。彼にとって同胞殺しになるのはミュウを殺害した場合だけ。彼にとって人間を殺すのは、私たちが動物などの別種の生き物を殺すこととかわりなかったのだから。
 先週から痛めつけられてばかりの彼…なんでトォニィばっかりこんな眼に。なんでこんな受難なキャラなんでしょうか、彼は。


・キースの走馬灯

 サムやマツカはともかく、シロエは来てくれないんじゃないかな…とか思うあたり、私はどんだけ新人類びいきなんだと。や、だってシロエは本気でキース嫌ってたように見えたんで。あれはキースビジョンだからありなのか。

 けど最後の最後に、その献身に気づいた時には。
 彼は血溜りに横たわっていた。
 キースも受難のキャラですか…?やや自業自得の粋ですが。



 来週は「地球へ」
 これを「テラへ」と読んだ方は多いはずー?最近この単語がテラとしか読めなくなりつつありますヨ

 絶対無理だろうけど、ジョミーと両親が見まえるシーンが見たい。
 ではでは
ページトップへ  トラックバック2 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
(アニメ感想) 地球へ… 第22話 「暮れる命」
トラックバックゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2007-09-10-Mon 17:02
地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】木星上空に作られたミュウ収容所、コルディッツ。キースは拿捕したミュウたちを立てに、ジョミーたちの戦意を押さえ込もうと画策する。鉄の意志でテラへの進行を決断するジョミー。同じ頃、キース暗殺を単独で決意したトォニィはキ....  [続きを読む]
地球へ… 第22話 「暮れる命」
トラックバックSERA@らくblog 2007-09-11-Tue 10:46
僕があなたを死なせない――。トォニィとマツカ――二人のミュウは、信じる者のためにぶつかりあう。人質を取られても地球への進行を断行したジョミーのために…。友への涙を隠しても冷たい機械のように戦うしか  [続きを読む]
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。