本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
×××HOLIC感想♪及びツバサ込みの今後予想
2008-01-31-Thu  CATEGORY: 小説・映画・漫画などなどの感想文ー
いつぞや見た「×××HOLIC DVD 第1巻」の感想が下書きのまま放置されていたので、掘り出してみました。
ツバサ最新刊も読んだし、ちょっと予想みたいなのも立ててみたり。
ネタばれ&妄想でも許していただける方のみ、したからどーぞ!



×××HOLIC 第一話 感想
第一話のみなのは放送時未視聴だったから。

特別に憧れて、特別のフリをする。
陳腐なアクセサリーを身につけるような気軽さで。
本当に特別な人からみたら、自ら苦労を被るようなものなのに。
ああ、そうか。
被害があるフリならば実害はないのか。
痛いわけじゃなく、痛いフリなら

でもそれはかっこ良くないよな、と。
そう思いました。



そして
またまた思いついた、ツバサ&HOLIC展開予想!!

・その壱
ツバサの「玖楼国」は魔術師クロウ・リードが作り出した一種の箱庭世界ではないか?
だから小狼が『小狼』の写し身だったように、サクラ姫も木之本桜の写し身である、と。
で最終的に写し身は二人(?)とも元になった人格に統合され、結末となるみたいな。
・・・・・・もし予想が当たったら、それはそれでファンが荒れそうな気がする。
しかもクロウがすっごい寂しい人というか痛い人になっちゃうんですよねー


・その弐
HOLICで四月一日が『ありえない』と断言されるのは、生まれる時期が早まった所為ではないか?

本来なら四月一日は小羽嬢の一子として生まれる予定だったのだが、世界の不調和から早く生まれた。だから世界が変質すると、元の存在条件が希薄なので、すぐさま消えそうになるんじゃないかと。
でもこれだとなんで『小狼』が四月一日の対価払ったかが説明できないんですよねー


・その弐.五
もしくは、四月一日は小狼とさくらの未来の子ども、とか。
両親が死んだ、というのは「世界の不調和から、あり得ることにかもしれない未来」とか?
けどそれだと占い師のおばあさんの「成仏しとるよ」のセリフがおかしくなるんだよなー



謎は深まるばかりです・・・一月おきに出るツバサですが、いっそまとめて3月に読んだほうが心臓には優しいかも

ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント夜球 | URL | 2008-04-30-Wed 18:49 [EDIT]
>サクラ姫も木之本桜の写し身である、と。

半分だけ的中しましたよ!

あと、四月一日の記憶喪失理由も明かになりましたねー

四月一日と小狼って兄妹かなんかかな
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。