本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
和風世界の兵士になったー
2013-11-11-Mon  CATEGORY: 小説。むしろネタ帖?
こちらの『和風世界の兵士になったー』http://shindanmaker.com/408548さんで出た診断結果でSS書けそう!とうっかりつぶやいたら正座待機されたので書いてみました。
和風世界の世界観は、

「大正時代の日本に似た架空の世界の兵士になる診断です。この世界の住人は生まれながら「地水火風」いずれかの属性の術が使え、修行によりその威力を高めることができます。相棒と力を合わせるとより強力な術が使えます。【東国】東興(とうきょう)メインカラーは黒。東域の多数の小国を制圧して大国となり、名称を変えた新興国。西域への勢力拡大を目論む。/【西国】多阪(おおさか)メインカラーは白。古くから西域を支配する大国。近年、東域への侵攻を開始した。/軍人は軍服、学徒兵は制服。衛生兵は白衣着用。」(コピペ)

だったのですが、かけらもいかせておりません!!

診断結果は
【名前】やだま
【性別】女
【所属】東国
【属性】風
【立場】士官候補
【兵科】術兵
【相棒】銃兵or衛生兵
【参戦理由】戦争がしたい
【その他】実は泣き虫である

結局小説未満のキャラ紹介みたいなのになりました。そして続かない。 
あと「戦争がしたい」というのがどうしても受け付けなかったので文章中では「戦(いくさ)」と表現。
戦争・ダメ・ゼッタイ 

そんな考えが根本にあるのでバーサーカーっぽいキャラになりました。
戦争で歪んでしまったキャラ。

以下、小話です短いです!



 熱風と硝煙のにおい、少女の哄笑。
 ――――――戦がしたい。戦がしたい。戦がしたい。
 黒い軍服をしたたるほどのと血で濡らし、その身を血赤に染めた少女の頭をしめるのはそれだった。

 ふだんはぼんやりしているのに、戦争があると人が変わったように好戦的になり前線への配属を望む。
 媒介を必要としない風属性の術者は、攻撃に特化した火属性と同じくらい重宝されるため、少女の望み通りいつも先鋒での出撃。
 重ねた手柄とその能力の高さから、士官候補などにされているが、少女も周囲もそんなことは望んでいない。少女はひたすら戦えればよかったし、周囲はそんな狂戦士じみた上官をいただきたいとは思わない。

 なりふりをかまわないその戦い方で、いつも倒れるまで戦い力尽きたところを衛生兵に拾われるのがお決まり。毎回、まだ死んでなかったのかと驚かれるほどの傷を負うのだが、なかなかじぶとく生きていた。
 そんな日々で相棒になった水属性の衛生兵に尋ねられたことがある。
 休戦中の、かりそめの穏やかな日。
 振る舞われた酒を呑みながらのやりとり。
『どうしてそんなに戦争が好きなの?』
 軍にいないときの少女は、ぼんやりとしていながらも、花が咲けば微笑み、虹を見ればはしゃぐようなまったく普通の少女であったからこその疑問だった。
 ぽそりと少女は答えた。
『あの、いくさのあつい風と、土ぼこりのにおいが、なつかしいから』
 少女は戦災孤児だった。
 親も、兄弟もいたのかよく覚えていない。
 けれど、あの戦争の硝煙をふくんだ鉄くさい風を浴びると、全身に震えるような懐かしさがはしる。
 まるで親とはぐれたに子供が見つけてもらえたかのような幸福感。
 それがすき、と少女はべそべそ泣きながら答えた。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。