本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
『るろうに剣心』映画、観てきました!
 一言で言えば良かった!原作ファンも楽しめます。
 原作に真摯な作品でした。監督の原作への真摯さが伝わる映画。

 矢玉、原作は学生時代にはまってはまってもう大好きで親に無理言って京都へ旅行いって、太秦映画村で「斎藤一」のキーホルダー買うくらい好きな漫画だったので、こき下ろすつもりで映画見に行ったんですが本当に良かった。
 ちなみに一番好きなのは操ちゃんです(聞いてない)

 以下、ネタばれ有りの感想なのでたたみますー
一部ついったから引用しているので読みにくかったらごめんなさい。話が結構前後してます。


とりあえずTVCMの段階で山形有朋役の奥田瑛二さんがはまり役で・・・っ(そこか)

で、劇場。
その開場前にメイトで「ルクセンダルク大紀行」引き取ろうとパンプスでダッシュしたら足の左中指擦りむきましたorz

まずはCM。そして流れるタイバニの映画前の心得がww フイタw スカイハイとおじさんとバニーちゃんが実写(ヒーロースーツ姿)で説明ww なんだこれw

剣心と恵さんと弥彦もはまり役でしたっ
個人的ミスキャストは薫と斎藤一かな…悪くないんだけど、薫は恵さんの蒼井さんがはまり役すぎて、薫の気丈さが消えてただのアイドルヒロインになっちゃってて残念。斎藤さんはやっぱりあの役者さんでは熱血漢になっちゃってイメージ違うと叫びたい。斎藤さんはクールでニヒルなんだっ

鵜堂…だっけ、あの眼の白黒反転の人。あの人もはまり役。結構原作からアレンジされてたけど、そこが良かった。あの役者さんが斎藤さんやれば完璧だったのに。…とか熱中してツイート打ってたら乗り過ごしたりしましたよ、ふへへ。

あとは色々、原作キャラアレンジの脇役とかが、なかなかいい味出してて。あと斬られ役の技のキレがッ 殺陣が、すごい迫力でッッッ

以下、細かい感想です。

まず最初が戊辰戦争ってのが衝撃でした。血飛ぶし、人が爆弾で飛ぶし。薄暗い中から登場する斎藤さん。え、この時点で紙タバコ?とどうでもいいことが気になる。

うん、やっぱり江口洋介さんは私のイメージの斎藤一さんからはちょっとはずれてましたね・・・っ だって江口さん熱血キャラじゃないですかー!! かっこよかったけど。すげぇかっこよかったけど。
でも剣心vs斎藤さんは原作くらいのガチの殺陣が観たかったですね。あの神谷道場の戦闘自体が大好きだったので、映画がすごかったから、生で見たらどうだったのかな、と。もっともっとと期待してしまう。

剣心役の佐藤健さんは、知らない役者さんでした。最近矢玉テレビも映画も観ないので、ほとんど知らない役者さんです(笑)
剣心はあの抜刀斎との演じ別けができるか心配だったけどかなり雰囲気出てましたっ 演出がまたイイんです。
そしてこの方は、殺陣が!!殺陣がものすげぇ!! 流れるような、けれど嘘くさくないない殺陣。作品全体に言えるんですが、今回は殺陣にかなり力が入った作品でしたね。
戦闘描写のお手本にしたいくらいの迫力の殺陣でしたー。
あと、平時の剣心の穏やかな優男ぶりも「おろ?」の口調も自然で。私は好きでしたねこの剣心。
途中からちゃんと赤い着物に白袴になったし!!

弥彦は弥彦ままでした(笑)あんまり出番無いけどね!弥彦。うん、そのままやんちゃな少年キャラ。

左之助はまぁ、うん、馬鹿っぽい喧嘩屋!って感じで。あ、役者さんは青木崇高さんです。背中の悪一文字背負ってる理由とかを割愛してたのは、まぁ、時間的にしょうがないのですかね・・・剣心との赤べこの喧嘩(腕試し?)は面白かった、うん。

恵さんはあの蒼井優さんが演じてると思えないほどコケティッシュで小粋な女医さんで、演技力のある女優さんて凄いなと思いましたね。艶っぽくて色気があるのにどこか哀しそうな様子とかっ

武田観柳がもうすごい憎たらしくて!!香川照之さんがはまり役すぎて!!
小道具とか、白背広の手下その1、その2、その3とか!机の上になぜかいるうさぎとか(最初剥製かと思いました)全っっっ身でうさんくさい観柳を演じきってみえました。すごい。
しかしあとでパンフで知ったんですが、ガトリング砲戦での「脱げ、そして俺にひれ伏せ」(だったかな)のセリフはアドリブだったそうです。それでこのセリフが出た瞬間脳裏に浮かんだのは、そういや元キャラの新撰組の組長って男色家だったな、でした。うん。そういう要素はいらない。
ここでまた剣心が脱ごうとするのがおかしくてw(これもアドリブだそうです) その寸前の「降参でござる」も相当可愛かったけど!!

左之助vs戌亥戦は馬鹿っぽくておもしろかったです。
台所で戦ってたと思ったら唐突に始まる一緒に食事のシーンとか。意味わからんわ!!けど左之助らしかったですね。この映画の明るい左之助らしかった

映画での役名は外印で表記されていた、原作の蒼紫の立ち位置だった人は、かなり縁ぽい要素が入ってましたね。剣心に「お前らの作った国で、生きていけなかったからさ」とか言うセリフとか。
次回作でこの外印≠縁が志々雄と手を組んで「なぜ姉さんを殺した!!」とか復讐にきてもおもしろいなーと思いました。

監督は次回作作る気があるみたいなんで、つくられたら必ず劇場に足を運びます!!

そして忘れちゃいけなかった!!
浦村署長が原作から抜け出てきたくらいのそのまんまでした!

やっぱり長くなりましたね・・・とりあえず、観て悔い無し、の映画です。おすすめ!

追記
書き忘れ。
監督が大河の「竜馬伝」や「白州次郎」の大友啓史監督と聞いて納得しました。どっちっも好みの映像で、龍馬伝のほうは時々しか見れなかったけど、白州次郎はばっちり見てました。道理で好みの「画」を撮る監督さんだな、と。監督さんに注目したこととかはあんまり無かったんですが、これからはきをつけて観てみたいな、と思いました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。