本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「あ、そう言えば御坂翁の喫茶店で時給1500円でバイト募集中だよ」
「…その時給大丈夫なのか」

言外に危険な店では無いのかと問うゆえの心配を、柚は笑い飛ばした。

「まさか!!怪しい処かむしろ逆よ、逆。とーっても採用条件が厳しいだけ。でも月なら大丈夫だと思うわよ」
「何か今一訊くの不安何だけど、条件って何?」
「ずばり“大和撫子である事”」

四人の間に沈黙の天使が亜音速で降臨した。

「本当に大丈夫かその店」
「だ、か、ら!本気で変な意味じゃないのよ!御坂翁は好い人だけど身内には凄く厳しいの。今時“すべての人は紳士及び淑女たれ”ってのが口癖でね」

だから求人条件も、紅茶の完璧に淹れられる女性って他にも御坂翁の御目がねに叶う人じゃなきゃどんな人でも門前払い。笑顔で『お客様としてのご来店をお待ちしております』の一言で終わりよ。
一息で言いのけると素晴らしく煌めかしい笑顔を月に向けた。

「ね、月なら絶対大丈夫でしょ」
「まあ月ならな」
「何で本人差し置いて断言するかな」

即答した翔を睨めつけ、月は柳眉を下げた。

「でも私、正式な紅茶の淹れ方何て知らないわよ?」
「その辺は私が母上に頼んであげましょう」

改めて言うまでもなく、柚の母親は日英ハーフである。

「麗おば様なら完璧に教えてくれるだろうけど。何か企んでない?柚」
「もちろん!!」
「…そこは全力で肯定していいのか?」
「普通はいかんだろ。だけどまあ柚だからな」
「外野うるさいわよ!」
「で?何でそんなに柚は私にその喫茶店のバイトを勧めるわけ」
「うっふふー」
「やっぱいい今ので全力で理由聞きたくなくなったじゃあ柚、私別のバイト探すから」
「ここまで聞いたんなら訊いてよ!」

両手で耳を塞ぎ求人誌へと視線を落とす月の肩を掴み柚は揺さぶった。

「あー、あー、あー聞こえない。聞こえない」
「月の馬鹿っ」

そんな二人のじゃれあいをつくづく眺めた後、翔は問いかけた。

「んで?理由って」
「翔!あんた裏切り者!」
「別に味方になった覚え無いだろ?そこまで聞いたなら俺も気になるし。な、ゆえ」
「俺にふるな」

抵抗する月と無関係を貫くゆえの態度にめげず、結果的に味方に着いた翔に向かって柚は宣言した。

「うちの店が新しい制服のデザイン頼まれたからよ!!」

月は無表情になった。

「やっぱ聞くんじゃ無かった…十中八九またフリル服着せられる事わかってて誰が選ぶかっ」
「大丈夫!月に着せるならメイド服系でなく、ギャルソン系にするし!月って仕えるメイドより仕えられる令嬢よねっ」

うきうきと語りだす金髪の少女と眼を合わせ無いよう、半ば意地で月は求人誌に視線を固定した。




何だかんだで、月は御坂翁の喫茶店でバイトする事になります。



夏服はパフスリーブのブラウスに黒ネクタイ。黒の膝丈のタイトスカートに腰下の白のフリルエプロン。靴は革のローファー。
冬服は着物にフリルエプロン。

作者趣味全開ですが何か(笑顔)

前記事のブログ拍手にパチパチ下さった方!!ありがとうございますっ 反応頂けると嬉しいです~
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。