本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ゆえはひたすら沈黙していた。
郵便受けの中には大量の青と赤で縁取りされた手紙が多数。
差出人はイタリア、イギリス、ベトナム、とバライティに飛んでいる。
しかも、本来の宛名は隣人の少女のものである。
そのまま部屋へととって返し、隣家の呼び鈴を押した。

「…何か大量にエアメールが入ってたんだけど」
「あら、間違ってたの?ありがとう」

当たり前のように礼をいい受けとる少女に、無表情のしたでゆえは驚きを浮かべた。


明日華さんに会社のパーティーで芸者役としてつれ回されたせいで世界各国にペンフレンドがいる月さん。
特にイタリア勢は頻繁で、国際電話で日本語教えてくれといい、月に「料金全部そっち持ちなら」とバッサリ切られたのにもかかわらず、それでもいいと即答するくらいぞっこん。
最終的にスカイプで落ち着きました。

なので月さんはカタコトながら数ヵ国語が話せます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。