本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
さやえんどうの筋取りスキル上達中
2010-06-01-Tue  CATEGORY: 日常
近況報告

・ハガレンにはまりました。

今月に本誌もアニメも終わるというのにorz
一期の無印版が見たいんだが何処の動画サイトでも見れない…ッ
タダで見ようと思ったのが浅はかだったのかッ
賛否両論在るのですが、一話見た感じではFAより好みでした。
トラウマ好きーにはたまらない設定が多そうで…ッ
真剣にレンタルを考える今日この頃。

劇場版も半分だけ見ました(ゑ)
放送してたのに気付いた時には半分終わっていたのことですよ~
タイミングいいんだが悪いんだか

FAは毎日アニマックスで正午から見てますw
明日の分は我慢できずに動画サイトでみちゃいましたが。
無能さんが黒かった。
まさかの展開におもわずウィキペディアに走りました…こしてネタばれが蓄積されていく。


・イドへ至る森へ至るイド

サンホラ新曲マキシシングル『イドへ至る森へ至るイド』
ジャケ絵、特典ポストカード、そしてPVが公開になりましたね!
雰囲気としては4thのエリュシオンに近い感じですごく嬉しいです!驚きの黒さ(笑)

初聞きが『魔女とラフレンツェ』だったので今でも私の中の一番は4thなのですよ。
陛下と似て非なる方のイドが抱える人形の少女とかが、エリュシオンのエルのようで好みです~

しかしポストカード絵で見ると【人形だった少女の肖像】 超怖い

しかし矢玉の手に入れれそうな店って、メイト・新星堂通販・メロンぐらいなのですよ。
それぞれ手に入るポストカードは【七へ至るイドの肖像】【人形だった少女の肖像】【黒き貴婦人の肖像】
orz

この中なら【黒き貴婦人の肖像】がいいかな、と思うんですが
曲聴いてから特典もらいたいッ(不可能)

あと曲に一部ボカロのミク姉さん出没疑惑でニコ動が盛り上がって(?)いますね。
個人的には使っていても別に良いんじゃないかー…と思いますが、陛下は使わない気がするな。
肉声の加工とか一期じゃひんぱんにあったしね。
しかし本当にミク姉さんだったとしたらじまさんとデュエット状態なんですよね(爆笑)

PV全体はうん、まあ、なかなかいいんじゃないですか?な出来だと私は思います。
ニコで言われるには「10回続けてみると中々良いなと思える出来」とあり、何か納得した。

『エルの絵本→side E』のあの雰囲気に勝るPV、お待ちしてます。
もういっそ人間使うのやめてフルでイラストにすればいいのにー…yokoyanさんに死亡フラグが立つな。

夕飯になったのでこのあたりで。



以下

ちょっと鬱々としているのでで畳みます。
あの本当に、自分勝手というか、変なこと書いているので…

見ないほうが良いです(ゑ)



最近地味に躁鬱状態がきついです。

ここでも書いたと思ったんですが、私「パニック性症候群」の症状が一時期ありまして。
あれ?ここまで書くのは初めてかな?ぼかしぼかしでは書いてた気が。
まあ身内しか見ないからいいか

大学通学中が一番酷く、卒論も一時危なかったんですが、その辺はまぁ根性でどうにかしまして。
何か在学のままの方が良かったんじゃないかという世情が切ないですが(苦笑)

最近ではほぼ落ち着いて、薬も一時期やめてたんですが、ちょっと、最近また、呑み始めました。
一番ひどかった独り暮らしの躁鬱状態がの時ほどではないのですが、最近は親の小言が地味にきついんです。

強く言われるわけじゃないし、甘えていることも重々承知で、自分が怠けているのは分かっているのですが、柔らかい布団の中にひそませた棘のような言葉には、正直、とても辛いです。

解決するには私が働けばいいんでしょうが、それが怖い。
ここまで自堕落に過ごしてしまって、いきなり社会に出て、毎日毎日責任の在る決まった仕事に就くことが、たまらなく恐ろしい。
すくんでしまっています。

躁状態の時は、色々できたり、やりたいと思えるんですが
欝状態の時は、思考の針が振り切れてしまうのを抑えるのが精一杯になります。


小説も思うように書けなくて、ビーズも思うように作れなくて。
「やりたかったこと」が「やらなければならないこと」にいつの間にか変化してしまう。
ものすごく気分やで、その変化が激しくて、オフの友人には沢山の迷惑をかけてしまい、とても申し訳ないです。

あと、これについての親の反応もちょっと切なくて。
母も最近では薬を飲んでることに関して「もういらないんじゃないの?」というようなことを言われまして。
父より母の方がこの件には理解があるのですが…それでも、気のせいじゃないか。と思っているようでして。
本当の意味で、理解し心配してくれたのは、半年前までお世話になっていたゼミの先生でした。
すごく嬉しかったです。
あー…京都行きたいなぁと、最近ふと思います。


あー…ちょっとはきだせて楽になりました。文章にするのがやはり私には一番の回復みたいです。
しかし改めて文章にしてみると、私甘えてるなぁ 

情けない
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。