本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
青少年健全育成条例改正問題
2010-03-11-Thu  CATEGORY: 日常
失踪していたと思ったらいきなり重い話題で申し訳ありません。
でもどうしても気になったので


ツイッターやニコで話題になっている「青少年健全育成条例改正」
予想以上にやばそうで。
同人業界を直撃しそうです。

いくつかサイトも拝見し、ネット署名などもしてみましたが…後者はいまいち効果があるのか、この問題を取り上げているのかわからなくて。
とりあえず、わかりやすかったサイト様
『東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト』

のURLを載せさせていただきます。
http://mitb.bufsiz.jp/

私が理解した範囲ではこの条例
「青少年を対象とした“不健全な作品”を規制する」
といったものらしいです。
青少年とは18歳以下の年齢を指します。
そしてこの条例は今月18日に協議されます。

影響を受けることに関しては、コミケや同人業界、一般の漫画など多々ありそうです。

何やら色々言いたいことはありますが、
内容の危険度については私なんかがにわか知識で語るよりよっぽど上記サイト様などが詳しくお書きになっておられるので、そちらを参考になさってください。




ここからは個人の意見です。
この手の問題の一番危険なのは、行政などの手により機械的に規制がおこなわれることにあると思います。


少し話がそれますが、大学の講座で聞いた話で“こじき”という言葉が使えないという話を聞きました。
ある寺院から歴史的書物が発見された際、教授が
「これは松尾芭蕉の“こじき”思想に影響を与えた」と言ったところ
取材にきた新聞記者に“こじき”は差別語で使えないと言われたそうです。
しかし「松尾芭蕉のホームレス思想」では伝えたいことが伝わらない気がします。


18禁小説や、BLと呼ばれる本も最近読み出しましたが、文学的質も高いものも数多くあります。
それが一様に切り捨てられるのは、あまりにおしい。
まっとうな小説や漫画の良作も、もちろん大好きですが、それではお腹がすくときも在るのです。
無性に毒が摂りたくなるときが。

現在のところ、ひっかかるところはないですが、この先この手の条例や法案が加速する気がしてなりません。
アリプロやサンホラもやばいです。
毒は文学や作品にとってスパイスにもなりえます。
毒にも薬にもならない話などいずれ飽きます。たいくつなだけ。


もしこの規制がなされたとすれば
全ての漫画、小説がまっとうなものになってしまえば、必ず衰退します。
そうすれば活字離れが進み漫画も小説も読まない、活字情報をまったく取らない子どもも出てくる気がします。
マスコミの視線の入りにくい活字の情報は、今一番ゆがみの無い情報だと思うので。

『図書館戦争』が預言書にならない事を祈っています。
司書資格を持っているのでわかりますが実際の図書館は戦えません。
検閲に反対できるだけで、本の出版には携わっていないからです。
本が出版されなければ、守ることも出来ないのです。

今のところ東京都だけ、と思っていると大変です。
なぜなら日本の出版社、印刷業など9割は東京に在るからです。
これ世界的に見ても異常なのですがね。

しかし、これ、個人でどこまで活動できるのですかね?
〆切18日ですし。
この文章メールで送ればいいのでしょうか。
うーむ
どこに?

署名は…検索すると出てくるのですが、色々問題があるみたいですし
しっちゃったよ(汗)

都民でもない私が、どこまで出来るのか。
唯黙っていることができず、こんな形ですが載せてみました。
誰かの何かの琴線に触れれば、幸いです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。