本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
女心と秋の空
2008-11-26-Wed  CATEGORY: 日常
これつくったの絶対♂だよねと思う今日ころごろ
しかし移り変わりやすい天気ですね!
午前は小春日和で洗濯日和とばかりに布団まで干したのに、二時過ぎたあたりからいきなり曇りだして。慌てて取り込みました。
昨日は曇りかと思ってたら青空で雨振るし どこかのお稲利さまの祝言でもあったのか!
ゼミ授業中だったので誰にも言えず窓ずっと見てました。(聞けよ)

どうも!先ほど創作小説よんでぼろ泣きしてた夜球です!!(前置きが長い)
ネットノベルでこんなに泣いたの初めてじゃなかろうか。ア.リ.プ.ロ聞きながらだったら涙腺に来ました。ちなみに内容は、添い伏しと若君の話。古代中華風の世界観とあい待ってもう・・・ッ
時代物は切ないのがいいですねー
鬱々とした感じが。時代的に赦されないこととか。風潮とか。
鬱りたいなら古典はお勧めです。
うちのゼミ先生の言葉ですが
「残酷描写で古代に勝るものはない。現代小説はすべて想像だが、古代は実際死体がごろごろしてたのを目にしてたのだから」
とのこと。ちなみに今週は宦官と纏足のえぐいエピソードを細かく説明していただきました。
そんな4ゼミ(通(自)称死ゼミ)クオリティ

あぁぁーだだ喋りが長くなったのでイベントレポートは新規投稿にします では
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。