本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
拍手更新
2008-10-04-Sat  CATEGORY: 更新履歴
・『七薔薇物語』 青薔薇 更新

青薔薇開花です。
これ、拍手1にも書いたけど爆弾第一弾。

です

限りなく鬱デスヨ!
あと普通の小説なのに真ん中寄せで少々見にくいかもしれません。
左寄せにするのわかりませんでした(汗)
再録時には直しますが、どうしても読みにくかったらコピってメモ帳にでも貼り付けてくださいませ

以下、ネタバレありです。

あ、その前に

・ついでにトップ秋使用 

使える期間短いしと使い回ししてみたり。見覚えある方も居るはず

では、どうぞ



今回のテーマは「禁忌の境目」

禁忌と正常の境界線をわたり歩くような関係性が書きたかった。
叔母と姪で、女性同士で、言ってしまえば心中もの。
近親相姦に抵触するような、けれどプラトニックで、けれども病的な

青薔薇の花言葉は「ありえないもの」 わりと有名ですよね。

これは「バロッグ」似というべきだろうけど、自分的には「檻の中のはな」かな。
「おりの中の花」は姉視点とみれば。 
 あ、平仮名なのはささやかな検索よけです。意味あるのかは不明。

 これ、半分以上は夏休みにもうできてたんだけど後半が定まらずスランプってました。
 たまたま、母から貰った古い香水の香りを嗅いだら浮んできた。
 五感に訴える情報ってすごい。音楽はあるけれど、香りは初めて。
 実際体験したことの方がよく書けるのも、皮膚感覚によるものが大きい気がする。

 それに今日エントリーシート模試受けて文章書く感とりもどしたのがきいたのかも。
 けど自己アピールって冷静になれば恥ずかしい、自分のことをさも得意げに語った文章だから。なんで今の企業ってこんなのものとめるのだろうね。まったくナンセンス。杓子定規で何でもシステム化されている。入試ならわかるが、なぜ入社まで? 職につくの位もっと個人ごとにあわせてやれればいいのに。できても自分の好きなようにするのには、大きな障害と苦労が伴う。嫌になる


灰字はわざと読みにくくしてますので。そんな内容です

ではー


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。