本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
にそって、本を絡めた日常話でも

ども
親に休学するか、と心配かけた夜球です。
先週ちょっと色々だったんです。
誕生日もはいってたのにねぇ
それにしても、ごは・・・やめとこ、オフの友人に本気で心配するひとがいる・・・

最近
妙に収集中の本の展開が過酷です。もしくはクライマックス。あるいは両方

少年陰陽師とかー、風の王国とかー、ツバサとかー、×××HOLICとかー、妖精と伯爵とかー、V・B・Rも最終回だしー、マ!もここんとこ初期のノリがなりを潜めてるし・・・ヨザック本気で心配していたムジンメンバって誰でしたっけ。

これ、精神的にまいってると微妙で
気分転換で本読んでるのに、読み終わった後続きが気になって身悶えさせられます。きりきりと

以下、ネタばれアリです

何がすごいって、上で上げた本、ほとんど五、六月に新刊でている点
財布が軽くなるっ



まずは「少年陰陽師」
この孫陰陽師シリーズ、神話を題材にしたシリーズ入りだしてから痛い展開が続いておりますが、六月一日の新刊
ひたすら痛いです・・・
あれです。もともと「少女向け文庫の中の少年漫画」と言われるだけあってバトルな展開多かったんですよ。だから怪我とか痛いのとかは前からあったんです、でも最近のは表面上の痛さじゃなく、内面が痛いんですよ!
少年漫画は少年漫画でもドラゴンボールがH×Hに変わった感じで
昌浩なんて挿絵形相変わってますよ!

それ考えると前回の「珂神編」は気が楽だったなー、怪我は痛そうだけど、後手後手感にやきもきさせて頂いたけど「風音編」や「天狐編」の痛々しさに比べれば
内面痛いほうが読者にはきます
昌浩の守りたい、のに。という焦燥感は自サイトでも扱ってるだけあって何ともいえません。

テーマは神話で大好きなのに!



続いて「風の王国」
とうとう、でしたね・・・リジムの死・・・
チベット史を扱うサイトさんで3巻ぐらいの時点でそれを知っちゃったときは、お願いだから史実無視で!史実が間違ってたとか力技路線へ!と願ってたんですが・・・あまりにあっけなく
早いよ二年もたってないのに。早死にでも史実では八年くらい猶予はあったのに。
早すぎる・・・

この後の展開は、史実からそれてくれることを全力で願ってます。
それともあれ別の人かなー
いくらなんでも、舅に嫁ぐとか・・・そかも子どもまで生まれるのは・・・

この話好きなんですけどね。
ヒロインの、素朴な視線と華美すぎない文体が好きななので



そして「ツバサ&×××HOLIC」
これもう、出るたびに叫んでるのであまり語ることは無いかな。
でもたぶん、×××HOLICのほうは出てもあと2巻ぐらいだなと思うとへこみます。
概要の謎解きはツバサでやって、合間合間に×××HOLIC持ってくる感じになるんじゃないかと予想。
とりあえず前も書いたかもだけど四月一日の記憶喪失理由がわかったんで落ち着いてます。
でも一つだけまた予想を、ユウコさんて飛王のつくった失敗作のひとつ。とか。

それよりアニメのほうが
一期のほうがよかった!二期は遊びすぎな感があってどうしても!!
四月一日のギャグ顔とか、ヤメテホシイデス



ちょっと発売からたちましたが「妖精と伯爵」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これもさー
こう、裏目裏目というか、なんと言うか。
ああそうか、思いが通じ合ったら外部障害がくるのか!当人同士がすれ違っている間は入れれなくてもね!それがなくても大変だもんな!

ってか初期の一冊完結話って後期になればなるほど何で「続く」ってな引き展開が多くなるんだー!!!

コバルト短編では、和ませていただきましたが。
ロタいいなぁ 可愛いなぁ



「V・B・R」こと「ベルベット・ブルー・ローズ」はとくにそういった点はないので割愛
万里さんの少女漫画化のほうが気になってますよ!

この方のお話、全部持ってるけど次のシリーズはたぶん様子見します。
昔の小ゴマの、繊細な、切れ長眼の絵が好きなんだ私は!
でもたぶん零が主人公なら集めます(マテ)秋吉家スキ



最後に「マ!」
これも六月一日新刊。知らなくて本屋に行ったら並んでました、横に
これは泥の中の蓮というかなんと言うか、希望で終わってくれてほっとしてます!
だって前回とか前々回とか、前の編とか、泣きそうだったので。
あまりに嬉しくて二回目読み始めました~

ユーリ、がんばった!がんばればなんとかなるんだね!よかった!!
何がよかったって、最後にスタツアしなくて(そこ)(も)
みんなでそろって帰国って、何巻・・・というか、発行年何年ぶり?
次男も心情吐露したし、早く帰ってこーい



語ったんでちょっとすっきりしました。
巻数出るのが早めの、明るく読めそうなの、新しく集め始めようかなー
「ALIA」も終わっちゃったしな


追記
六月一日のあと「雨ざーざーふってきて♪」と続けそうになった私がいました。
先日、あの歌がどれだけ正確に歌えるか、親戚で競争してたので
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。