本好きの妙な日常話の数々です
暁懐中日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
赤い下弦の月
2006-08-20-Sun  CATEGORY: ムジンセイサク。

 これは明日の希望を信じるより、今の現実を生き抜くことに必死だった頃の物語。
 静かな夜だった。森は暗闇に輪郭を手放し、絶え間なく流れるせせらぎの音が夜行動物の気配すら無散させている。
 そんな静止画ような光景に不意に動きが生まれる。忽然と、まだ子どもらしさを残す幼い手が、地面から生えたように現われたのだ。もし見るものがあれば亡霊の蘇りかと思っただろう光景だが、人目どころか生きものの気配すら皆無。
 ゆっくりと、だが確実に手は土をどけ、やがて両の腕を、薄茶の髪を現わにした。気配を探るように動きを止めたのち、一気に地から身を起こす。
 穴にしか見えないそこから這い出してきたのは、まだ子どもらしさを残す面立ちに似合わない冷たい眼を少年だった。
 少年は空を見上げるなり顔をしかめた。天には下弦の半月が赤々と光を降りまいている。
「月は、嫌いだ」
「それは嫌味?」
 苦笑と若干の揶揄を含んだ声に振り替えれば、天に今は無き銀月を見た。
「お前の事じゃない、魄」
 起こしたかと尋ねる少年にかいぶりで答え、月光を名にもつ少女は少年の隣に並んだ。
「今日の月は一段と赤いわね」
「それが嫌なんだよ」
「あら、私は好きよ」
 その言葉にセイは再び眉を寄せた。赤い月は血を連想させる色合いをしている------今も記憶を手繰れば鮮明に蘇る、鮮血を。鮮血の上に臥したあの人の姿を。
「私の国ではね、特に赤い月を緋月と言ったわ」
「緋色の月か?」
 そう、と答えた少女は謡うように続けた。
「それが私の闇花以前の唯一つの記憶なの」
驚きをもって見つめた少女はひどく静かな表情で視線を天へとむけた。




予告どおり『赤い下弦の月』アップです。遅くなってしまいました(汗)
参加者は『青光屋』の風波さんと『煌彩灯』のにゃあさんです。

以下は上記作品の追記と言い訳になりますー

つづきを表示
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2006-08-14-Mon  CATEGORY: 日常

昨日祭行って来ましたー!

地元の友達にも久々に会えすごく楽しかったです♪
内容は…歩いて踊って喋って踊って踊って踊ってって感じだったのですが。
盆踊り好きなんですよね。下手でしょっちゅう左右を間違えたりしますが。
盆踊りの起源は『踊念仏』とかの説もあるらしいのですが、どうやら『歌垣』などが起源になっているというのを聞いたことがあって。古代からの慣わしの名残かと思うと心惹かれます。踊りとかって神に捧げるという場合も多いし。
その後はカラオケで歌いました!マイナー一直線で!!さんざん踊った後なのに、歌えるようなのが高音系ばっかで咽に優しくなかったデス(苦笑)

で、その祭の最中に「今日は月がいやに赤い」という話になりまして。
何かそれで書けないかという話になり合同企画発動☆
内容は『赤い下弦の月』をテーマに各自日記などで作品を書こうというものです。
ぶっちゃけ上では無茶苦茶他人事のように書いていますが。発言者&発案者は夜球です。むしろみなさんをひきづり込みました
今のところお三方から参加を同意していただきました!発表は日曜ですので、その時日記にリンクを貼ろうかと思ってます。


話は変わって以下は更新の件なのですが。
最近ご承知のように『夢物語』の金曜更新、が守れていないです。このまま約束不履行を続けているのも心苦しいと思うのですが、かといって不定期更新にすると更新回数の激減&一気UPばっかになりそうなのです。

で、打開策といいますか…これから『夢物語』は週末更新とさせていただきます。

金・土・日のいずれかに更新される~という物凄く微妙な更新になりますが(ぶっちゃけ現在もほとんどそんな感じなのであんま変わらないといえば変わらないのですが)宜しくお願いします!!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
二人なら答えられるバトン
2006-08-06-Sun  CATEGORY: バトン!
空也さんのところから頂いてきたバトンです。回答者は月と柚
何故このコンビかというと、他だと約一名の所為で微妙に会話が成り立たないから!(マテ)

***

1.お互いをどう位置づけていますか?(友達、恋人など)

柚 「親、友?」
月 「何で疑問系なの(苦笑)」
柚 「間違っちゃいないんだけど、何かこうそぐわない気がして」
月 「そう?じゃあなんなら良いの」
柚 「仲間とか同士とか、いっそ身内とか」

***

2.お互いの第一印象は?

月 「(爆笑を堪えつつ反応をうかがうように)柚?」
柚 「しょ、しょうがないでしょ?!あんなところに人がいると思わなかったんだしさ!月ってば真っ白な着物着てたし!」
月 「でもアレはないんじゃない」
柚 「月こそどうだったのよ、あの時の私の印象!!」
月 「やたら綺麗な子だなって思ったのは覚えてる。人形が歩いてるみたいって」
柚 「あんま私とかわんないじゃない!!」


月 「『柚の月に対する第一印象は今後短編で登場します』だそうです」

***

3.今はどう思っていますか?

柚 「(はあ、と溜息をつきながら)やたら無鉄砲でなにしでかすかわからないやつ。よく考えているようで感情に任せて動く事が多く、自分が怪我することに無頓着で人の心臓に負担を強いる所とかどうにかしなさいよホントに!!」
月 「考えとくわ。柚は、そうね。数少ない本心を悟ってくれる人かな」

***

4.お互いの嫌いな部分を最低一つ挙げてください

月 「人を着せ替え人形にするとこ。頼むから一日二十着とか勘弁して」
柚 「楽しいから良いじゃない。私の方はそうね、上でも挙げたけど…ホントもうちょっと自分を大切にして欲しい。ってかしやがれ」
月 「三人とも無事なら私は無茶なんてしないわよ(しれっと)」

***

6.自分がいて、相手が助かったといえる事はありますか?

柚 「月の暴走ストッパー係」
月 「右に同じ」
柚 「ちょっと!いつ私が暴走したってっていうのよ!」
月 「気に入った人間をすぐに着せ替えにするのは暴走って言わないの?」

***

7.お互いにとってお互いは必要ですか?(その理由もお答え下さい)

柚 「もちろん!」
月 「理由なんて考えつかないくらいには。いるのが普通で、いないのが異常」

***

8.今お互いが、同じく危機的状況下にいるとして、二人は助かると思いますか?(その理由もお答え下さい)

柚 「そんなの月ならかっこよく『助かるんじゃない、助けるのよ』って言うわよ。ね、ね、ね?」
月 「言えと?」
柚 「(煌めく笑顔で、深く頷き)うん」
月 「しないから、玉砕覚悟は今のところしてないから」

***

9.お互いがいて、良かったと思いますか?

柚 「この質問って軽く落とす?それとも重い方?」
月 「ちなみに軽い方は」
柚 「地図見て歩くときは便利よね。月って方向感覚いいから、私が地図読んで月が方向示してくれれば大抵たどりつける」
月 「私は地図読めないし、柚は方向音痴だしね。じゃあ重いほうは」
柚 「戦闘関係。いなかったら、生きてない」

***

10.この二人なら、どんな壁でも乗り越えられますね! それでは、次に回す二人組を指名してください!

月「乗り越えられないなら壊すまで(にっこり)」
柚「それでこそ月よ。次のバトンは煌彩灯さんの鈴ちゃんと浅樹くん。それにできれば松虫さんのキクロ氏とうさこ嬢に答えて欲しい、とのことです」
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
『夢物語』更新
2006-08-04-Fri  CATEGORY: 更新履歴
・『夢物語』三章「祭」十一更新!

ひさびさの実家からの更新で上手く出来るか心配だったけど何とかなりました!これで夏休み中も連載ストップの心配はなくなりましたよ。

夏休み入ってやった事
①ひたすらDVD鑑賞&とりだめの編集
②小物作りに没頭(ちなみに二個完成し、途中のが三個あります)
③買い物
・・・改めて書くと自堕落を絵にかいたような生活だな。

以下見続けたDVDの『BLOOD+』の支離滅裂ぎみな感想になります。
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
<< 2006/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 暁懐中日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。